warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

脱毛における注意点について

目次

最近脱毛のことばかり考えています。
「部分脱毛がいいのか、全身がお得なのか」「店はどこがいいか」「お得なキャンペーンはどこか」などなど。調べすぎて頭痛がしてきました。

「脱毛 フリーイラスト」の画像検索結果
私は8月キャンペーンのミュゼ で脇脱毛を契約してしまいましたが、正直9月の500円キャンペーンの方が圧倒的に得ですね。この時点で、warizaki、完全に脱毛業界に遅れをとりました。

f:id:warizaki:20170919210010p:plain 

_(:зゝ∠)_

【脱毛注意報①】
お得なキャンペーンは繁忙期以外の時期にやっている可能性大。7月、8月での新規契約キャンペーンの無駄遣いは避けるべし!!!!!

「どの部分を脱毛すればよいのか」

この判断基準ですが、普段自己処理をしている部分は脱毛した方がよいです。中途半端に脱毛する部分としない部分を選ぶのは避けましょう。例えば普段からヒジ下・ヒザ下だけではなく、ヒジ上・ヒザ上もシェービングしている子は部分脱毛でヒジ下・ヒザ下だけを選択するのではなく、普段からシェービングしている部分を選択した方が無難です。「最初はお試しで……」なんて新規契約の際にしり込みをするパターンがもっとももったいない目に遭う可能性が高いです。ヒザ下を脱毛して自己処理の必要がなくなっても、ヒザ上の自己処理は続くわけですからね、そりゃあ気になってきますね。

【脱毛注意報②】
頻繁に自己処理する箇所は脱毛してしまうべし!!!!!

 

ちなみに医療脱毛ではなくサロンを選択する場合は1箇所につき10回はやった方がよいです。4回での契約などおすすめされることもありますが、効果を実感しはじめるのが6~8回から、処理の必要がほとんどなくなるのが10~12回からなのです。これも部分脱毛の箇所をけちったときの後悔と同じく、最初に少な目に選択してしまうとあとから追加して結局割高になってしまうので、契約するなら10回、最低でも8回は契約しましょう。

【脱毛注意報③】光脱毛の場合、最低でも6~8回は施術するべし!!!!!

 

思いきって全身脱毛にしようかと思った時期もありました。脱毛っていうのは最初は部分で始めても、結局他の部分も気になってくるからです。脱毛した部分だけが超きれいだから、脱毛していない部分が目立ってしまうのですね。結局全身を脱毛してしまう羽目になるならば、最初から全身を選択した方が安く済むわけです。

「自分は結局全身をやることになるのか、否か」

この判断基準ですが、普段からほぼほぼ全身を剃っているか剃っていないかで判断してみると良いと思います。

個人的にはヒザ上・ヒジ上、顔、VIO、など産毛も許さないレベルで処理をしている女の子は全身しちゃった方が良いと思います。
また、夏場は頻繁に海に繰り出す子や、持っているお洋服の露出が多い女の子もまた、全身で良いかもしれません。

逆に普段の自己処理する箇所が限りなく少ない子は、部分脱毛でも満足するかもしれません。肌見せしない女の子です。あるいは毛に対して深く考えていない女の子ですね。warizakiは完全にこちら派なので(ずぼらともいう)部分脱毛にしております。基準としては普段からヒザ上とヒザ下の毛の違いが気にならないかどうかです。

【脱毛注意報④】
産毛すら許せない女の子は全身脱毛すべし!!!!!

 

さて、全身脱毛というと、ほとんどが月額制を唱っておりますね。ですが、この月額制、実は闇が深くてですね、実質はローンの支払いである場合が多い。

「私はローン支払いでも大丈夫!」そう仰る子もちょっと待ってください。
確かにローンでの支払いの方が総支払い金額は安く済みます。でもですね、女っていうのは私たちが想像している以上に人生の波が大きいのです。特に20代の女の子はやすやすとローンを選択するべきではありません。「ずっと仕事し続ける!」と思っていてもあっさりと仕事やめるもんです(やめざるをえないともいう)。人生の岐路がたくさん詰まっている20代で、軽い気持ちで月々の支払いを増やすことは自分の人生の選択肢を狭めることにもなります。脱毛だけの話ではありませんが、20代の間の大きなお買い物は、一括払いするくらいの気持ちでいたほうがよいです。それができないような大きなお買い物は控えましょう。必須の買い物ではないはずです。
逆にローンを組んでもよいという方は、学生さんか、30代以降の女性になるかな、と思います。学生さんは若いし時間があります。ちょっとお金の工面に苦労するかもしれませんが、若いので取り返しがつきます。時間があるうちにやっておいた方がよいことってあります。親知らずの抜歯もそうですね。
また、30代の女性はある程度自分の人生の進路が決定しはじめている年齢でもありますので、高い買い物に手を出してもよいのかな、と思います。結婚しているか、出産しているか、独身貴族を貫いているか、転職しているか、なんにせよ20代で分岐点があったはずです。

【脱毛注意報⑤】
ローン支払いの脱毛サロンは学生か、30代からにしておきなさい!!!!!

 

脱毛ラボなどの格安キャンペーンで全身脱毛を行えるかのような錯覚に陥りますが、ちょっとストップ。全身で気を付けなければならないのは、全身脱毛に何ヵ月かかるのか、です。同じ全身脱毛でも1ヶ月に脱毛できる箇所がヒジだけのお店と、上半身全部のお店とでは、月額の意味合いがだいぶ変わってきますよね? 例えば脱毛ラボ は1年でようやく体全身を1周ですが、キレイモ は2ヶ月で1周です。この観点でも月額予算について考慮してください。全身10周するにはいくらかかるのか? という比較をしてみると良いと思います。脱毛ラボ の格安キャンペーンはそれほどのものではないということが分かるでしょう。

【脱毛注意報⑥】
全身も部分も、金額計算は各部位10回終わらせるにはいくらかかるのか考えるべし!!!!!

 

補足

最後に、脱毛効果についてですが、サロンの光脱毛よりも医療のレーザー脱毛の方がよくきく、など聞きます。確かにそうなんだと思います。もしも短期間で終わらせたい方は、医療脱毛で検討してみても良いかもしれません。5回くらいで終わるらしいですね。
私がサロンを選んだのは痛くないからです。やってみるとわかりますが、脱毛って痛いです。何かが刺さります(錯覚)。サロンでさえ痛いのだから、医療はちょっと怖くてできません。麻酔ありのプランもあるようですしね。お金がある方はご検討ください。
サロン内の効果の違いですが、正直、このご時世、どのサロンも大きな違いはないんじゃないかな、と思います。格安LCCじゃないですけど、技術が発展してくれているおかげで安いお買い物でも十分な効果が得られる時代となってきております。機械を当てるだけですしね。冷たい話になりますが、機械が同じであれば、会社毎の違いというのはそれほどないのではないでしょうか。TBC が親会社のエピレ だけは、自社で研究・開発を行っている分、他社よりも効果を望めるかもしれません。