warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

料理教室いいと思うよ

目次

料理教室オススメ

料理教室は面白いです。ABCクッキングスタジオみたいなガチなやつじゃなくて、ガス会社や電気会社が実施している1回こっきりの方です。

地方ですと、ガスや電気の利用者限定の場合もありますが、少なくとも東京ガスはネットで申し込みすれば誰でも参加することができます。

一人で参加しても良いですし、お友達と参加しても良いと思います。ちなみにwarizakiはボッチで行動できるタイプですので、一人で突撃します毎回。

「料理教室 イラスト」の画像検索結果

一緒に参加する人は様々です。主婦は当然のこと、おばあちゃん軍団とか、男性の方もちらほら見かけます。魚をさばく会の時は男性多めな気がします。釣りが趣味なんでしょうか。とても良いことだと思います。料理教室は女性のイメージなので、むしろ男性の方がちやほやされるのですよね。俗にいう「オタサーの姫」の逆パターンなので、賢い男性だなぁと思います。(いえ、純粋に料理を楽しもうと思ってらっしゃるということは存じているのですよ。ただ変な目で見てしまうwarizakiが悪いのです)

色んな人たちとお料理できるよ

普段から料理をしているからといって、「私は料理できるんだから!」と自信満々で参加すると良い意味で痛い目に遭います。やっぱりアラサー独身よりも主婦の方が断然上手ですし、おばあちゃんも上手です。こういう時に年齢の違いが出てきます。

warizakiが参加するのは苦手な分野の料理の時なので、周りがあんまりにもすいすいクッキングしているのを見ると、「なんでこの人たち料理教室参加してるの…?」と疑問に思うこともあります。料理教室っていうのは料理を学ぶ場所ですからね。うまい人は最初から来なくてよいわけです。…と言いたいところですが、料理教室に通うのが趣味という人もおられますし、上手な人がさらなる高みを目指すために料理に通うという使い方ももちろんあるわけなので、結局なんでも良いと思います。

先生だけじゃなく、参加者も参考にしましょう

料理教室に通う一番のメリットは「独りよがりにならないこと」。これかなと思います。一人で料理していると自分なりのやり方を見つけて成長していくわけですが、その方法が本当に良いやり方なのか、それは自分だけで判断することはできません。

やり方が間違っていたり、あるいはもっと良いやり方があると気がつくには、他者の料理をしている姿を見るのが一番だと思います。色々なことを吸収できます。warizaki的には先生の料理裁きを見るだけでなく、一緒に参加している人たちの料理風景をしっかりと見るのも重要かなと思います。先生の所作はうますぎて再現できない場合がありますが、参加者レベルであれば真似することができるからです。なんていうか、日常に沿っているのです。

気がつけば皿洗いばかりしているwarizakiですが、それでもためになっていると思います。…そう信じたい。

料理教室以外にも…?

料理教室以外にも、お料理サークルやお料理婚活なんてものもあります。

残念ながらwarizakiはどちらも参加したことがないため、実体験をお伝えすることはできませんが、ご自身の性格的にサークルや婚活の方が向いていると思う場合は、そっちに行っちゃって全然OKと思います。サークルに入れば料理力向上+友達できる、お料理婚活であれば、料理力向上+相手が見つかるかも、ってな感じでお得ですからね。もしかして料理教室よりも良いかもしれません。

一石二鳥で成長していけるやり方を見つけられるようにしていきましょー。