warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

新卒っ子は派遣を選ばない方が良いと思う理由

目次

建前から逃れることはできない

何事も建前っていうのはありますし、日本で生きる上で重要だったりします。日本人は建前ばっかりです。私たちが想像している以上に、「普通」に固執している気がします。

日本人にとってキリストやアッラーに並び立つような絶対的規範のような存在が「世間」であるからです
世間というのはたくさんの人間で構成されていますから
世間を規範にする=平均的な人間を目指すことになります

ベストアンサーがあまりにもベストアンサーなので、引用させていただきました。

例えば、ライフステージでよく挙げられる結婚・出産・住宅購入・子育て、などなどありますが、これらがライフステージとして挙げられるということは、「経験するのが当たり前」であるという前提を元に話が進んでいるわけです。

でも最近のJAPANはそんなことありません。結婚しない女性が増えていますし、生涯賃貸の人もいるでしょうし、子供を出産しない人もおります。そもそも就職しない人も微弱ながら増えているのではないでしょうか。

ライフイベントで区切られたライフステージ

 https://www.lifull-fintech.com/media/tips/life-stage/

warizakiに騙されてはならない

学生読者様の中にはwarizakiのブログを読んで、「派遣ていいかも…!」と考えてくれる純粋な子がいるかもしれません。ぶっちゃけ派遣は楽です。気軽に大手に入れます。しかし派遣は新卒切符を捨ててまで選ぶべき選択肢とは言えません。日本において圧倒的力を誇る新卒切符を使わないという選択肢は、人生において最高にもったいないです。かくいう私も学生時代から派遣という選択肢は心の中にあったものの、結局新卒として普通に就職しました。そして割とあっさり辞めたにも関わらず、「正社員経験して良かったなー」と思います。

なぜ、就活しなければならないのか、どこかの企業に就職しなければならないのか。終身雇用が崩壊しかけている不安定な社会情勢の中で、自分を殺してまで就活を頑張る意義はあるのだろうか。なぜピエロにならなければならないのか。

色々と思うことはあります。

「新卒 イラスト」の画像検索結果

ですが、適当でいいので、どこでもいいので、新卒で入社してください。面接が1回で終わる会社も少なくはないはずです。 

経歴(=その人の歴史)って大事

 というのも、なんだかんだいって周囲の人はこの人が過去どのような人生を歩んできたのか、割とチェックしているからです。「新卒の会社を退社して今は派遣をやっている子」と「新卒時から派遣の子」とでは、前者の方が世間からの逆風を受けにくい。新卒時から派遣の子っていうのは各々どういう事情があるにせよ「あんまり苦労していなさそうだな」という風に見られやすいです。そして派遣であるがゆえに、今まで正社員並みに働いてきたにも関わらず、キャリアとして見られないことが多いのです。

例えばwarizakiは「元SE」という肩書のおかげで、周囲の人はパソコンに関して大人しく私の説明を聞いてくれます。しかしこれがただの「パソコンが得意な派遣」だったらどうでしょうか。その職場での実力が認められるまでは、せっかくのスキルが軽んじられるのではないでしょうか? 「趣味でちょっとかじっている程度なんだろ」と思う人もいるはず。これはあんまり効率的ではないですよね。迅速にスキルを十二分に発揮するためには、最初からそれなりのキャリア持っている方がよいのです。そして新卒切符が手に入る日本において、手っ取り早いキャリア、それが正社員なのです。「正社員の時○○をしていました」という事実なのです。

建前を利用する

ぶっちゃけると「普通の人生を歩もうとしていたが、やんごとなき事情により、しょうがなく派遣を選択している」という風なふるまいをする方が周囲の理解を得やすいです。読者様はうすうすお分かりの通り、warizakiの思考回路ってけっこうぶっとんでますが、普段の生活ではおくびにも出しません(時々出てるかも)。なぜなら出さない方が生きやすいからです。世間に認められない、というのは非常に苦しい状態なのです。できるだけ避けた方が良いのです。

「正社員としてどこかの会社に就職するのが普通だし、ある程度の年齢になったら結婚するのが普通だし、子供も持つのが普通だし、家かマンション買うのも普通だし」…。世の中には普通でない普通がありふれています。たくさんの人がうすうす感づいているとしても、世間の常識、というのを覆すのは容易ではありません。ものすごい偏見ですが、日本ってマジョリティの意見は尊重するが、マイノリティは知らず迫害してしまう社会なんじゃないかと思います。

新卒派遣は、効率的な生き方なのかもしれませんが、マジョリティ受けするかと言われると、そうではありません。「なんで就活しなかったの?」絶対に聞かれる質問でしょう。毎回それに答えるのは面倒ですし、メンタルくじけてしまいます。「やっぱり就活した方が良かったのかなぁ」と思うのが関の山です。しかもこの質問は一生付きまといます。

この逆境を乗り越えられる人は派遣でもフリーターでもなんでもいいと思うんですが、そんなにつらい思いをしてまで選択すべきことなんでしょうか? warizakiは就活大嫌いな若い子も、1回の面接で終わるような会社にちょろーっと入ってもらう方が、今後生きやすい人生を送れると思うのです。それくらい「正社員」の肩書っていうのはコスパのよい道具だと思うのです。