warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

地位を上げるには個人名を育てるしかなくない?

目次

作業者の立場低くない?

日本で不思議だと思うことがあります。

それは「会社に所属するクリエイターの立場が低い」ということ。ここでいうクリエイターっていうのは、何も創作家や制作者だけではなく、パワポで発表用の資料を作成したりする事務っ子も該当します。

いや、実際の職場では権限が強いのかもしれないですが、立場、というかお給料とか、そういった面で中間管理職の方の方が立場が上ということに時々疑問を覚えます。

典型的な例を挙げると、日本のシステムエンジニアITゼネコンというピラミッド型の産業構造に巻き込まれることが多く、実際の作業者である孫請け企業などが一番憂き目に遭うという謎の事態が生じております。

当たり前の話ですが、作られたモノというのは、実際に作った人が一番詳しいです。作ったのを横目で見ているだけじゃ分かった気になるだけです。見ていて簡単そうに思えることも、実際にやってみると難しいことってよくあります。ですので、実際のPG作業者が最も偉いはず。だけど現実はそうじゃありません。クライアントとお話しできるのはもっと上の次元の方々だけなのです。

無駄なやり取り多くない??

実際の新規案件でデスマーチの最中に、SIerを超えて直接クライアントと話をしに行く、という下請け会社が出てきますが、それも自然のことと思います。だってその方が早いのですから。わざわざ間に人を入れていては話が遅々として進まないのです。デスマーチ中のプログラマは死ぬ思いで仕事やっていて、契約上云々とか言ってられないような精神状態に陥っているので、悠長なことを考えていられないのです。

↑非常に具体的なデスマの様子が描かれた作品となっております。長いけど興味のある方はぜひご一読ください。

私はもうSEじゃありませんが、事務職ですら、時々「めんどうだな」と思うことがあります。手続きに時間がかかるというか、「直接作業者と話し合えばいいじゃん」と思うことがあります。あるいは「自分でやっちゃえばいいじゃん」と思うことがあります。だってその方が早いのですから。でもそれは合理的かもしれないけれど、正解じゃないのです。日本企業で働く以上、流れ・手順を守らなくちゃいけないのです。

世知辛いですね。日本でのクリエイター=作業者はアメリカほどには尊敬されておりません。上におわす「ブレイン」を介さないと、意思疎通を行うことができないのです。

アメリカの場合はITエンジニアになること自体がステイタスであり、サービスやプロダクトに「技術者」としてのアプローチをすることが逆に歓迎される環境にあります。

この話はエンジニアに限らず、派遣にも当てはまると思います。実際の物事はブレインである「社員さん」が考え、実際に手で動かして何かを作成したり分析したりするのは「派遣っ子」である。派遣っ子の成果物が社員さんのものになるのは割と当たり前に行われています。

自分の地位あげるしかなくない???

ちなみに、作業者の作業を理解せぬ堕落者が指揮を執る職場の生産性が向上されることってあると思いますか? 否、人海戦術を行うよりほかはありません。作業のどこに無駄があるのか、その点に気が付くのは実際の作業者に他ならず、また作業者が訴えたとしてもそのような堕落者が理解してくれることは少ないと思います。まともな管理職の方は俯瞰的に仕事を見てくれますが、具体的には見てくれないこともままあります。作業者は木を見ますが、管理者は森を見ているのです。一緒に木を見てくれる管理者は最高の存在ですが、そのような人はあまり多くはありません。

派遣っ子に指示する「指揮命令者」は本当は一緒に木を見てくれる人が理想です。会社の実情を知らないため、部下と同じような感覚で指示を出すと、とんでもないことが起こりうるから逆に危険なのです。けれども、実際に作業したことがないために、指示が曖昧になってしまうという、残念な命令者も当然いらっしゃるわけです。作業者が指揮者を超えるパターンですね。実際にやっている人の方が詳しくなりやすいのですからそういう状況が生まれてもおかしくないです。

指揮命令者が命令する者として機能していない職場は、ハズレの職場と言わざるを得ません。自分自身が仕方なくブレインとして働くのは本当は割にあいません。責任も取れないよね。でも、そういう職場に派遣されちゃった子は、自分で活路を開いてブレイン&作業者として不動の地位を築いてみましょう。作業者が指揮者を超えるパターン」というのはうまくいけば美味しい職場なのです。さっさと移動するという選択肢もありますが、スタッフとしての建前もありますので、気軽には選択しにくいです。あんまりほいほい移動すると評価が下がってしまうからね。本当にどうしようもない職場の場合はとっとと移動した方が良いですが、そうじゃない場合は無理しない程度に1年くらいは頑張ってみてもいいんじゃないかな。一度地位を築きあげれば、後は楽なもんです。

でも、移動もしづらいし、かといって地位を築けるほど派遣っ子に理解のある会社ではない、そういう場合もあるよね。そんな時は残念ながらしばらくの間は我慢するしかありません。これは最ももったいないパターンです。

そういう目に遭わないために、派遣っ子には肝に銘じてほしいことがあります。

それは「個人名を育てる」という意識を持つこと。スタッフとしての最高ランクを維持し、派遣元にわがままを言っても受容されるほどのスタッフに成り上がるということです。

著名な美術家や作家さんは当たり前ですが個人名でご飯食べてますよね? なかなか険しい道のりかもしれませんが、クリエイターがクリエイターとしての正当な地位や権力を得るためには、個人で名が通るほどの実力がなければ難しいのかな、と思います。会社に属するクリエイターは本当の意味でクリエイターになりきれていないのです。

そして派遣っ子は派遣っ子である限り、個人名で商売をしていくことはできませんが、スタッフとしての高い評価を得ることで疑似的に個人名を売ることができるわけです。「この派遣ちゃんが言うなら、仕方ないな」そこまで派遣元会社に思わせることができるスタッフになれば、自由度の高い職場選択ができるのではないでしょうか?

f:id:warizaki:20170618191643p:plain