warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

史上最強アプリ「AnkiDroid」※ただし暗記科目に限る

目次

 

今日はみんなの大好きなお勉強の話だよ。

みんなは勉強するときってどうやって勉強してる? 受験勉強を経験した子も、そうでない子も、いろいろなやり方を試したことがあるんじゃないかな。

勉強方法は2種類に分けられる

他の方も言ってるけど、勉強方法って大きく二つのカテゴリに分けられると思う。なんだと思う? 理系 or 文系じゃないよ。 犬派 or 猫派でもないよ。 ちなみにwarizakiは猫派。

  • 暗記型
  • 理解型

この二つです。

暗記型勉強法とは

いわゆる詰込み方式です。理解はできてないけど、正解を覚えていくってやり方。歴史などの暗記科目で使えるやつ。私は「問題集タイプ型」って思ってる。

理解型勉強法とは

書いてあるまんまだけど、理解しながら勉強するやり方です。一つ一つ理由・由来を調べて納得しながら、知識を深めるやり方ね。こちらは「参考書タイプ型」って思ってる。

参考になった記事様

勉強は暗記型か理解型か?

どっちがいいの?

さぁどちらの勉強法がいいと思う? パッと見、後者の「参考書タイプ型」だって思う人の方が多いんじゃないかな? 覚えるだけじゃダメって怒られたことある人いない? 私は怒られたことあるよ ('ω')

でも当時学生だったwarizakiは「受験勉強なんざ答え覚えるだけでいいやろがぁ!」と先生に反抗的な態度を取り、そして案の定受験に失敗しました。(テヘペロ)

今ならわかる…。なぜ、理解することが重要なのか…。 

要は理解していない知識を身に着けたところで、結局は使い物にならないということを先生たちは知っていたからだと思う。

学生の頃の私の勉強に対するゴールって「受験に合格すること」だった。

でも勉強って受験に合格するためにあるんじゃないよね? 自身をレベルアップさせるためにあるんだよね? 人に説明できるレベルじゃないと、スキルを習得したっては言えないよね? テレビに出てる知識人ってのは「どうして?」「なぜ?」まで理解しているからこそ解説ができる。「知っている」っていうのはどういうレベルのことを指すのか、考え出すと奥が深そうだけど、とりあえず暗記したっきりで「知ってる宣言」するのって間違っていると思うんだ。

では暗記は不要なのか? 悪なのか? 

実はそうでなかったりする。

暗記する能力ってのは最高に効率的な能力ですコスパ至上主義を掲げるwarizakiは圧倒的に暗記型勉強法の方が好きだったりする。だって、理解しながら勉強するのって、ものすごく時間がかかるんだもの。気になったところ調べ続けていたら、きりがない。グーグル先生と一緒にどんどん話がそれていってしまう。フルタイムで働く限り、時間はそこまでございません。勉強以外にもやりたいことだってある。

はっきりしろやゴルァ(´・ω・`) By読者様

ごめんなさいすみません。

warizakiが言いたいことは、「時間は有限ですので、勉強の仕方も2種類使い分けてしまいましょう!」ということでございますはい。

私的には、自分の強みを深めるときは「理解型勉強法」、てっとり早く資格が取りたい~! ってときは「暗記型勉強法」をおススメします。

今回は暗記型勉強法についてお伝えできればと思います。

史上最強アプリ見参

資格の勉強って役に立つけど、現場の知識にはかなわないことが多いよね? なぜ取るのかって、資格持ちの方が自身に箔がつくからです。資格っていうのは、面談(あるいは面接)の時にこそ最大の真価を発揮するのであって、現場で実際に役に立つ知識を学べるのかというと、割とそうでなかったりする(でも土台となる知識だからとっても大事なんだけどね)。

そしてフルタイムで働くOLっ子たちが色んな理由により資格取得を目指すとなった場合、まず困ることは勉強時間の確保でしょう。平日夜は家でごろごろするので忙しいし、休日はショッピングにいそしみたい。グーグル先生に付き合うまでもなく私にはもともと無駄時間が少ないの。ほら、勉強する暇なんて全くないじゃん! 

…そんなもんだよね? warizakiはそんなもんです。

しかし時間のなさを理由に勉強から逃げていては、いつまでたっても資格が取れない! どうする!

ここで、手っ取り早く暗記しちゃいましょうということになる。「理解するのは試験に合格してからでも良い」。買った参考書にそういうセリフが載っていたのを覚えております。

そして暗記ということは、問題集タイプ型ということですね。ということで、参考書はいらないので、問題集を買ってきましょう。もちろん通勤用のカバンに忍ばせてください。毎日の通勤中に読むのですよ? 書く必要が多い問題に関してはそもそも暗記ではないので、今回の話に該当しません。つまりは理解型ということなので、おうちでせっせと問題集と向き合ってください。

ここで出てくるのが、時代の叡智、

 

AnkiDroid~(ドラえ○○風)

f:id:warizaki:20170521175938p:plain

play.google.com

これはマジでおすすめできる。人生変わる。

Android勢は絶対に入れるべきアプリです。

そして、iPhone勢のそこのあなたはこっちになるのかな。

AnkiMobile Flashcards

AnkiMobile Flashcards

  • Ankitects Pty Ltd
  • 教育
  • ¥3,000

 Android版はフリーなんだけど、iPhone版むっちゃ高いね。なんかごめん。フリー版ももしかしたらあるかも。

 

でもこのアプリはお勧めなのです。

warizakiは一時期暗記アプリを試しまくり、結果、上記のアプリに落ち着きました。

このアプリですが、一見するとよくある単語帳みたいなものです、問題と答えを書きため、自分で問題数を設定して解答していく流れになります。

基本画面はこちら。

f:id:warizaki:20170521191319j:plain

 え、問題が変って? よくぞ気が付かれた、勇者よ…!

時間のない社会人ですもの、律儀に問題文を打ってはいけません。それはマジで時間かかるし、時間の無駄です(英単語とかは別だけど…)。問題を書き終えた頃にはあたかも勉強したかのような充足感に包まれることでしょう。しかしそれは授業のノートをきれいにまとめて満足して終わっちゃう高校生と同じです。

warizaki流AnkiDroidの使い方、それは問題の内容を書くのではなく、問題番号あるいはページなど、問題を識別できるものを書いていくという方法です。

f:id:warizaki:20170521184459j:plain

例でいうと、1章の大問1の問1、みたいな感じ。

それをひたすらダーーーーーーーーーッと書きましょう! ちなみに解答部分は未記入でOK! どんなに分厚い問題集でも1,2時間で終わります。出来上がり例が下。

f:id:warizaki:20170521184554j:plain

注意点としては、問題を細かく登録するという点かな。

例えば1#1#1のところを「大問1は毎回まとめてやるから」という人が1#1という風に書いたとする。大問は上から順に問題が繋がっているから、そういう考え方は理解できます。けれども、大問1の2番だけを間違えたとき、1番と3番を間違えていないのに、「もう一度」にクリックしなければならない。解答できた問題を短いペースで2度やる必要はございません。

このアプリの最も良いところは、自分の勉強ペースをアプリが管理してくれること忘却曲線の理論に基づいてアルゴリズムが構築されているおかげで、間違えた問題は頻度高めで、正解した問題は頻度低めで、出してくれる。早く終わる日もあるし、時間がかかる日もある。でもAnkiDroidのアルゴリズムにお任せしちゃえば、問題と解答を覚えてしまう勢いで記憶することができます。

このアプリがあれば百人力。

詳しい使い方は各自ググりなさるか、先達がすでに記事を作成してくださっているので、 そちらをご覧くださいな。

AnkiDroid(単語帳アプリ)の使い方 - 履歴書に書ける! 簡単に取得できる資格

 


 <参考文献>

とりあえず合格しちゃおって話は、

ポケットスタディ基本情報午前・合格用語 連鎖キーワード法+過去問360題

ポケットスタディ基本情報午前・合格用語 連鎖キーワード法+過去問360題

 

 に書いてありました。私が基本情報試験を受けるときに初めて読んだ本です。f:id:warizaki:20170521182427p:plain