warizakiの低燃費日記

低燃費な方法でみなさんが幸せになれる方法を探っていけたらと思います。

派遣はメイド様!

タイトル見て「派遣は傭兵じゃないんかい!」とツッコミを入れてしまったそこのあなた。ムフフ、ツッコミありがとうございます。

そう、以前の記事に書いたように、派遣の本質は「傭兵」。

 

warizaki.hatenadiary.jp

 

でも、ちょっと待って。現代社会で生きる派遣OLっ子は疑似的に組織に属さなければなりません。小説に出てくる敏腕傭兵のように好き勝手生きることはできません。(組織に属さずに仕事ができる人は、もはや派遣じゃなくって、フリーランスです。彼らは完璧なる傭兵だね)

というわけで、派遣ってのは、組織に属することになった傭兵です。傭兵なのに組織に組み込まれてお仕事することになります。矛盾してるよね。「組織に組み込まれてるなら、それって傭兵じゃなくない?」って思うよね。私もそう思う。

これこそ、日本の派遣がおかしいと一部の記事で言われる所以だとwarizakiは考えております。

diamond.jp

「でも派遣であるからには、私は傭兵なの!! だから私は孤独を貫く!」

とwarizakiのブログを真面目に受け取ってくださり、どことなくツンツンしはじめる派遣OLっ子もなかにはいらっしゃるかもしれません。私にとってはとても可愛い存在ですが、実は職場でツンツンするのはいただけません。読者様を間違った方向に進めるわけにはまいりませぬ。

よいですか、

会社で必要なのは協調性。雇用形態に限らず、協調性です。

当たり前のことだけど、とっても大事なこと。要はコミュニケーション能力のことです。

ぶいぶい好き勝手していいのは組織に属さない人たちの専売特許です。

傭兵らしくツンツンするのはあるべき姿なのですが、一線の引き方を間違ってはいけません。いきなりツンツンするのは、得策ではない。

「じゃあどうしろっていうのさ!ヽ(`⌒´)ノ

ぷんすこな読者様。それもそうですね。難しいね。

 

そこで提案なのです。

私たち派遣OLっ子はメイドに擬態しちゃいましょう!

(ことりちゃん可愛すぎテラヤバス)

 

で、社員さんが「ご主人さま」ね。

「傭兵」だとどうしても一匹狼ってイメージが強すぎて、組織になじむ方法が思い浮かびにくいよね。でも傭兵うんぬんはひとまず置いておいて、自分が「メイド(召使)」だと仮定したら…?

お城であくせく働く自分は想像できるよね? 妄想豊かな読者様はついてこれるよね?

私たち派遣OLは基本的に社員さんの手となり足となって働くわけだから、このイメージはなんとなく受け入れられるかなーって思う。

お給料とか待遇の違いにショックを受けるときもあるけれど、それも「ご主人さま」と「メイド」って妄想すれば、なんとなく納得できなくもないよね? 立場が違うっていうか、そもそも存在が違うというか…。

実際に近代ヨーロッパに生きた女の子たちは、私たちみたいに大変だったみたい。

メイドの人間関係 – 英国執事とメイドの素顔

 

 

とにかく、いきなり傭兵面するのではなく、はじめは召使っぽく、大人しく、おしとやかに、でも仕事は迅速に行った方が良いです

こういう派遣像は日本社会でも受け入れられているし、なにより社員さんの受けが良いとwarizakiは考えます。つまり、最初は【特異派遣】ではなく【平凡派遣】でいなさいってことね。

 

派遣はでしゃばっちゃいけません。いかにスキル持ちであろうとも、それを振りかざして社員さんを圧倒するのはよくありません。賢くないです。決して社員さんのプライドを刺激してはなりません。(ただしお仕事ができて褒められるのはありですよ。お仕事は一生懸命やりましょう)

社員さんにとって派遣は「どこの馬の骨ともわからない女の子」です。警戒されまくってます。少なくとも半年は、しずしずとご主人さまのいうことを静かに聞きましょう。打ち解けあうには時間がかかります。それくらいの忍耐が必要です。みんななら頑張ってできるよね?

 

そして徐々に傭兵感を出していきましょう。

本性を現すのはそのくらいのスピード感で問題ありません。

イメージでいうと、

ロベルタ

 

ブラックラグーンのロベルタちゃん>

こんな感じ。

ことりちゃんと全然違うね。でも傭兵っぽいよね。

か弱いメイドが実はこんなんだったらビビるよね。でもそういうギャップは美味しいのです ^q^

 

よいですか、今回のポイントです。

【派遣初期は平凡派遣、中期以降は特異派遣

 


<参考文献>

タイトル決めで参考になった本。

どうでもいいけど、この漫画と、

この漫画って話似てない? (おにぎりが石になるとことか)

どっちも面白いからいいんだけどね?

 

恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

 

メイドじゃなくて仕立て屋が主人公だけど、とにかくかわいいです。ほんわかする。擬態するならこんな子だね。